フルオラス科学研究会


フルオラス科学研究会第3回シンポジウム(岐阜)開催のお知らせ
プログラムはこちらからご覧いただけます



日時: 2010年10月8日(金)
場所: 長良川国際会議場(岐阜市長良福光2695-2)
TEL:058-296-1200
[アクセス]
・岐阜駅から岐阜バス(いずれも所要時間約20分)
「市内ループ線」で長良川国際会議場北口下車(徒歩2分)
「三田洞線K50・K51・K55」で長良川国際会議場前下車(徒歩1分)
・岐阜駅からタクシーで約15分。
主催・協賛学会 フルオラス科学研究会主催・日本化学会協賛
特別講演: 清水 正一(日大・生産工学部)
「フルオラス相中での親油性ナノ空間の創出と応用」
後藤 雅宏(九大院工)
「フルオラス溶媒・化合物のバイオテクノロジーへの応用-酵素反応と抽出反応を例として-」
根東 義則(東北大院薬)
「フルオラス化学を利用する芳香族化合物の効率的分子変換」
発表申込締切: 9月3日(金)
発表申込方法: (1)講演題目、(2)発表形式(口頭かポスターか)、(3)所属、(4)発表者氏名(講演者に○)、(5)連絡先(氏名、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、e-mailアドレス)、(6)概要(200字程度)、(7)情報交換会参加の有無を明記の上、e-mailで下記宛お送り下さい。
講演時間は、口頭発表は20分(発表15分、討論5分)、特別講演は60分(発表50分、討論10分)を予定していますが、発表件数によっては多少変動するかも知れません。ポスター発表は、午後の1時間を予定しています。ポスターを貼るボードの大きさは横90cm・縦180cmです。
なお、当日は10:00から発表を開始して、17:00に特別講演を終了する予定です。
発表要旨締切: 9月17日(金)必着。
作成要領はこちらをご覧ください。
参加登録方法: 10月1日(金)締切。
e-mailで、氏名、所属、連絡先(住所、電話、e-mailアドレス)、情報交換会参加の有無を明記の上、下記宛お申し込み下さい。
参加費 会員(主催・協賛学会):7千円、学生:3千円、企業関係者:8千円
当日会場受付でお支払いください。
情報交換会 10月8日(金)18時から、都ホテル(国際会議場隣り)にて。
申込・連絡先 〒501-1196 岐阜市大学西1-25-4
岐阜薬科大学 創薬化学大講座 合成薬品製造学研究室 伊藤彰近
担当:三浦 剛
TEL: 058-230-8100(代)
e-mail: miura[at]gifu-pu.ac.jp
([at]を@に変えてメール送信してください)





野口遵賞応募 野口遵研究助成金 野口遵賞 GlycoNAVI フルオラス科学研究会
Copyright (C) 2001-2019 The Noguchi Institute All Rights Reserved.