Loading


スタッフ紹介

リーダー
星  信人


研究概要

 当グループでは以前、フルオラス二相系反応システム(FBS)の適用が可能な、高活 性のフルオラスルイス酸触媒の開発に成功しました。 この触媒はカルボニルの活性 化に基づく種々の反応の優れた触媒作用を示します。 また容易にリサイクル可能で ある特徴を生かして連続反応プロセスも開発し、ベンチスケールでTON>20,000を 達成して有用性を実証しました。 さらには環境影響に配慮して、非PFOS系のエー テル含有フルオラス基を有する触媒を開発するとともに、地球温暖化に配慮した高 沸点フルオラス溶媒も使用可能であることを示してきました。
 当グループでは現在、これら過去のフルオラス技術やフッ素化合物合成の知見の 蓄積を活かし、新たなテーマ創出を目指してフッ素系の機能性材料(モノマー等)合 成に取り組んでいます。


主な論文・著作

  1. 吉田彰宏
    “フルオラスLewis酸触媒反応の開発”
    Fluorine, 3(2), 10-16, 2011
  2. 星信人、郝秀花
    フルオラスルイス酸触媒を用いたPrins反応
    ファインケミカル, 36(11), 40-46(2007)
  3. 吉田彰宏、錦戸條二
    “フルオラスLewis酸触媒”
    固定化触媒のルネッサンス, シーエムシー出版, pp192-206(2007)
  4. Xiuhua Hao, Akihiro Yoshida and Nobuto Hoshi
    “Recyclable hafnium(IV) bis(perfluorooctanesulfonyl)amide complex
    for catalytic Friedel-Crafts acylation and Prins reaction in fluorous biphase system”
    Journal of Fluorine Chemistry, 128(11), 1396-1401(2007)
  5. Akihiro Yoshida, Xiuhua Hao, Osamu Yamazaki and Joji Nishikido
    “Development of Industrial Reaction Processes Using Fluorous Lewis Acid Catalysts”
    QSAR & Combinatorial science, 25(8-9), 697-702(2006)
  6. Akihiro Yoshida, Xiuhua Hao, Osamu Yamazaki and Joji Nishikido
    “Development of Fluorous Lewis Acid-Catalyzed Reactions”
    Molecules, 11, 627-640(2006)
  7. Xiuhua Hao and Nobuto Hoshi
    “Facile and Recyclable Method for the Prins Reaction Using Hafnium(IV)
    Bis(perfluorooctanesulfonyl)amide in Fluorous Biphase System”
    Chemistry Letters, 35(10), 1102-1103(2006)
  8. Xiuhua Hao, Akihiro Yoshida and Joji Nishikido
    “Metal Bis(perfluorooctanesulfonyl)amides as Highly Efficient Lewis Acid
    Catalysts for Fluorous Biphase Organic Reactions”
    Journal of Fluorine Chemistry, 127, 193-199(2006)
  9. Xiuhua Hao, Akihiro Yoshida and Joji Nishikido
    “Hf[N(SO2C8F17)2]4-Catalyzed Friedel-Crafts Acylation in a Fluorous
    Biphase System”
    Tetrahedron Letters, 46, 2697-2700(2005)
  10. 吉田彰宏、郝秀花、山崎長武、山田一作、錦戸條二
    “フルオラスルイス酸触媒反応の開発と応用”
    フルオラスケミストリー, CMC出版, pp185-199(2005)
  11. 錦戸條二、吉田彰宏
    “フルオラスルイス酸触媒による多相系反応プロセスの開発”
    有機合成化学協会誌, 63, 144-153(2005)



野口遵研究助成金 野口遵賞 GlycoNAVI フルオラス科学研究会
Copyright (C) 2001-2017 The Noguchi Institute All Rights Reserved.